【2021年09月】愛媛県のおすすめ矯正歯科医院ランキング

矯正歯科ネットでは医院紹介ページのアクセス数や予約数など、独自の評価項目で集計した愛媛県の歯科医院ランキングを毎月発表しています。歯科医院選びでお悩みの方におすすめです。 >>評価基準について

P R
渋谷矯正歯科

矯正歯科のよくあるQ&A

Q1:矯正治療にかかる費用はどれくらい?

A1:矯正治療の費用は矯正装置の種類や治療のタイミングによって異なります。

基本的に矯正治療は公的医療保険が適用される一般の歯科治療と違い、歯科医院や受ける治療メニューなどによってかかる費用は変わります。

下記は矯正装置ごとの目安です。
・表側矯正(唇側矯正) 約600,000円~1,000,000円
・裏側矯正(舌側矯正) 約800,000円~1,500,000円
・マウスピース矯正 約700,000円~1,000,000円
・部分矯正 約200,000円~600,000円

また、矯正治療では歯列矯正だけでなく様々な治療工程があり、 「初診・カウンセリング」「歯科用CTやレントゲンなどによる精密検査」「検査結果に基づく診断」「歯列矯正中に必要な調整料」「保定用のリテーナー代」などを行うことが一般的です。

事前に治療費の総額を示すトータルフィー制度や矯正装置代とは別に料金を支払う制度など、お支払方法も歯科医院によって違うので、まず最初に自分に合う料金体系を確認してみましょう。

※費用はメディカルネット調べです。あくまでも目安であり、実際は異なる場合があります。

Q2:矯正治療に公的医療保険が適用されるケースはある?

A2:審美性を求めるケースでは適用されませんが、一部指定された症例では適用されます。

基本的に医療・歯科医療において公的医療医療保険が適用されるのは、「病気や症状の悪化により治療を必要と診断された場合」です。

矯正治療は、ほとんどのケースで「歯並びを整えてお口の見た目を改善する」という審美性が重視されるため、全額自己負担の自由診療となります。

「見た目をよりきれいにするために歯並びを整える治療」と考えると分かりやすいかもしれません。

ただし、「厚生労働省が定める先天異常の疾患」や「顎変形症」などにより、指定自立支援医療機関(育成・更生医療)での治療が必要なケースでは保険が適用されます。

Q3:矯正治療中にどうしてゴムかけが必要なの?

A3:歯の移動や、噛み合わせの調整を補助するために必要な処置です。

ゴムかけは矯正中に行います。歯に装着している矯正装置にゴムを引っ掛け、ゴムの引っ張り合う力を利用して歯の移動や噛み合わせの調整を助けるというものです。

ゴムかけを行う期間は歯並びの症状によるため、1ヵ月の人もいれば、12ヵ月以上かかる人と様々です。

ゴムの交換は基本的に1日1回、自分で毎日行います。また、数日間は痛みが続くといわれています。

そのため、毎日の作業を面倒に感じたり、痛みから装着が億劫にになってしまう人もいるかもしれません。

しかし、ゴムかけはきちんと歯を移動させるために必要な処置です。 せっかく矯正治療をはじめてもゴムかけを疎かにしたために、治療が遅れたり、思う位置に移動できなかったりしたらもったいないことでもあります。

損をしないためにも、毎日しっかり続けることがとても重要です。

Q4:矯正治療後に装着するリテーナーってなに?

A4:動かした歯が元の位置に戻るのを防ぐ「保定」に使用する装置です。

長い期間をかけて動かした歯は、装置を外してそのままにしておくと元の位置に戻ろうとします。 これは「後戻り」といい、矯正治療の後にはこの後戻りを防ぐために「保定」という処置を行います。

計画通りに整った歯並びを維持するために行う保定の際に使用するのがリテーナーです。

リテーナーは大きく分けて2種類あります。
・固定式リテーナー(フィックスタイプ)
・可撤式リテーナー(ベッグタイプ・ホーレータイプ)

骨が安定するまでの期間は個人差はありますが、一般的に6ヵ月~12ヵ月が目安とされています。食事や歯磨き以外の時間はリテーナーの装着が必要です。 骨が安定してきたら夜の間のみ装着するといったように、できるだけ長期間リテーナーを使い続けることが推奨されています。

Q5:マウスピース矯正でちゃんと歯は動くの?

A5:動きますが、計画通りに動かすには自己管理がポイントです。

マウスピース矯正にはほかの矯正治療にはない特徴があります。
・自分でマウスピースを取り外すことができる
・マウスピースが透明なので装着中も目立ちにくい
・金属アレルギーのリスクが抑えられる
・突然ワイヤーが外れるといった装置のトラブルを抑えられる

しかし「自分でマウスピースを取り外すことができる」メリットがデメリットになる場合があり、気を付けないと思うような結果が出ません。

マウスピース矯正は食事・歯磨きの際は取り外しますが、それ以外は基本的に装着します。
装着時間はほとんどの場合「1日20時間以上」と決められているため、不必要に装置を外してしまわないよう自己管理が重要なのです。

自由に取り外しができるからといって、マウスピースを装着している時間が短くなってしまえば、計画通りの効果が得られなくなってしまいます。

歯並びに関する意識調査

子供の頃に矯正しなかった理由
調査結果から見える子供の頃の治療意向についてレポート。

大人の矯正装置

装置によって特徴はさまざま!
あなたのライフスタイルに合った矯正装置を見つけましょう。

医療費控除について

1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、納めた税金の一部が還付されます!

ドクター選びのポイント

現役の矯正歯科の先生にドクター選びのポイントのアドバイスを頂きました!

相談室回答Dr.一覧はこちら

歯列矯正や歯並びの相談室。歯科医院の先生方にボランティアでご協力頂いています!

もっと知りたい!矯正歯科の本・DVD

歯科矯正治療に関する書籍紹介

矯正治療に関する
書籍をご紹介!

書籍一覧はこちら